自分でパソコンを廃棄・処分する方法

パソコン廃棄にはお金がかかる

パソコンの買い換えで不要になったパソコン。ずっと家に置いておくのは邪魔ですよね。かといって、処分するにも回収料金がかかってしまいます。というのも、パソコンは廃棄ではなくリサイクル(資源)という形で回収することが義務付けられたからです。

メーカー製のパソコン(NEC・富士通)は購入時に回収料金を支払うのですが、自作パソコンや一部のパソコンは廃棄時に回収料を払わなければならなかったりします。回収業者に頼むのも1つの手ですが、パソコンには自分の個人情報・家族や友達の個人情報・クレジットカード情報・写真など色々な個人情報が詰まっているのでなにもせずに廃棄に出すのはあまりにも危険です。

例え、パソコンが壊れて起動しないから大丈夫と思っていても、ハードディスクが生きていれば個人情報はばっり残ってしまっている状態です。これは、パソコンに詳しくない人にありがちなことなんですよね。私も初めてパソコンを処分する時に詳しい人に指摘されて初めて知りました。

パソコン回収業者に頼めば業者側でデータを綺麗に消してから中古パソコンとしてリサイクルしてくれるという手軽さがあります。といっても、どんなに信頼できる業者でも不安なところがありますよね。少々手間がかかってもいいから自分でデータを消すなど安全に処分できる状態にする方法を紹介します。

パソコンデータを完全に削除する方法

パソコンのデータを処分する時によく行われるのは以下の方法だと思います。

・不要ファイルをゴミ箱に捨てる、ゴミ箱を空にする
・ハードディスクをフォーマット(初期化)する
・リカバリCDでパソコンを工場出荷時の状態に戻す

一見これだけやればハードディスクの情報は綺麗に消えたように感じますよね。ハードディスク内にも個人情報が見つかりません。しかし、実はこれだけではハードディスクのデータは完全には消えていないんです。見た目では消えたように感じますが、特殊なソフトを使うとハードディスクを元の状態に復活させる事ができてしまうんですね。

それが、第三者の手に渡ったら大変です。ハードディスクのデータを完全に消去するには市販の「完全消去ソフト」を使用するかハードディスクにドリルで穴を開けたりパソコン専門店で物理的に破壊しましょう。どうせならBTOパソコンランキングで引取サービスをやっているメーカーを選ぶのも良いでしょう。

自分じゃ面倒くさいから業者にお願いしたい

自分での削除は目の前でデータが消えたことを確認できたので安心できますが、手間がかかって面倒くさいですよね。数ある回収業者でおすすめなのが「ライズマーク」です。インターネットから申し込みできて、無料で回収してくれます。ノートパソコン・デスクトップパソコン・液晶モニターなど壊れていても無料回収してくれます。9年の実績があるため、データ削除の知識も豊富で完全に削除した状態で中古パソコンとして生変えてくれます。

・自宅まで回収に来てくれる
・佐川急便着払いで直接送る
・店頭に直接持ち込む

この3つの方法で回収してくれます。この中なら断然自宅まで取りに来てくれるのが一番楽ですよね。忙しくてもこちらの都合に合わせてくれるのがありがたいところです。ビニール袋や紙袋に入れるだけという簡易包装でもOKというから手間も少ないです。

他にもハードディスクを外付けハードディスクとして自分で再利用するという手もあります。BTOパソコンや自作PCをの場合、ハードディスクをフォーマットしてから増設したり外付けHDDとして使うのも便利です。